ハンドメイドと写真と映画の日常日記


by yuzu-neko

<   2005年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

c0072277_2163282.jpg[監督]ソフィア・コッポラ
[上映時間]102分[製作年度]2003年[製作国・地域]アメリカ/日本

CM撮影のため来日したハリウッドのベテラン俳優とカメラマンの夫に付き添って来日した若妻、2人のアメリカ人が異国で体験する淡い恋心を描く。といった内容。

相当、淡々と進む映画でした。アカデミー賞にもからんでましたが、私的には生まれも育ちも日本(しかも実家)と言う事もあるのか、共感できる部分が少なかった。
ぐっと来る所が、あまり…。だた、「日本」の映り方というか情景には無理がなかった気がしました。わき役の人たちも日本人が日本人の役をしてましたから。(但し、通訳の人とか、もうちょっと英語上手いと思う…微妙にバカにされてる?)個人的にはマシュー南好きで(笑)でも、彼こそバカにされてるかも?!実在している番組・製品(日本の)出ていた事はリアリティがあってヨカッタ。
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-31 23:59 | DVD鑑賞

下妻物語

c0072277_21164360.jpg[監督]中島哲也
[上映時間]102分[製作年度]2004年[製作国・地域]日本

田園風景が広がる美しい茨城県下妻市。青空の下フリフリのロリータ・ファッションで闊歩する少女・桃子(深田恭子)の生きがいはお洋服。ロリータ一直線で他人を必要としない桃子の前に、真っピンクの改造原付きに乗った地元のヤンキー少女(土屋アンナ)が現れる。

これは、最初なんで評判がよいのか解らなかったんですよ。設定とかキャストとかでなくって、アクが強いから「好き」「嫌い」のはっきりするものだと。。
で、この機会にレンタルしてみました(笑)で、納得。お勧めしちゃうかも!?
もし誰かにおもしろいのない?って聞かれたら。
出演者もナイスキャスティングだし、ロリータファッションのコってたまに見かけるけど、そういう系統のバンドのファン、もしくは単純にフリフリしたものが好きなだけだと思っていたんだけど、ロココ時代が絡んでるとはね。。(実際、そういうコもいるのか?…むしろ、そういう事なんだろうか?!)
場所が、下妻ってのも渋い!テンポも抜群によい!
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-31 23:59 | DVD鑑賞

今更ながらのダーツ

多分、ブームは過ぎてると思うけど、昨日ダーツを初挑戦しました!
面白いですね〜。自己の最高得点は457点!
常にまん中しか狙ってないのに、色んな所に飛びまくってました。。。
あくまで、刺さる事を目標にしてましたので、ゲームを楽しむって程度までは行けてませんが(笑)
平日だっていうのに結構、人も多くて…でも、平日に来る人なだけあって?!(相当好きなのかなとか思いつつ)マイ・ダーツを所有してる人が多かった。友人も1人はマイ・ダーツでした。

これからの『はまりもの』にしたいけど、誰か行ってくれないかなぁ。
結構、1人で何でもできる(映画とか食事とか)けど、さすがにダーツは1人では…ね。
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-31 13:21 | はまりもの辞典
TSUTAYA半額期間に、ビデオを何本か観ていたのですが、会員の中から抽選で旧作の半額レンタル(5.28〜6.19マデ)ができるチケットが当たりました!
レンタルビデオって、予告偏を観ると観たくなる。で、借りたビデオの予告を観て「これも借りそこねてたね〜」なんて言ってまた借りる。のくり返しになりませんか?

こうして「現実逃避」の日々は続いていくのか?!
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-30 18:15 | 日々

壁を破る言葉

c0072277_22134142.jpg壁を破る言葉 岡本太郎  イースト・プレス

故・岡本太郎氏の言葉を、奥様である岡本敏子さんが監修、構成したもので、それぞれ『自由』『芸術』『人間』のカテゴリに分けられている。
個人的な事ではあるが、私は彼と同じ誕生日だった。
それと、原色を使った絵を描くのが好きだ。そんな他愛もない事で、彼の存在がずっと気になっていた。
この本は「物を作る人」にこそ、一度手にとって欲しいと思う。
彼の物凄い製作に対するエネルギーが、どういう所から来るのかを垣間見たような気になった。なんて…偉そうな事書いてしまいました。。でも、間違いなくこれからの自分を支える1冊になると確信しています。
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-29 22:40 |

衣替え

これがあると、夏が近付いてる感じがしますよね。
例年ならば、我が家の場合は5月の連休の辺りで決行する事が多いのです。ですが、今年は今日行いました。衣替えなんて、しなくて済むような大きな家に住みたいものです(泣)
季節感は味わえますけど…ね。
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-28 17:23 | 日々

解らなくなってきた

おはようございます。

来ましたよ。ついに、悪魔のメールが・・。
自分らからスカウトメールしておきながら、1ヶ月も時間取らせて
(その間に音信普通になりかけたり、名前間違えたり、)それで、2行ってどう言う事?!ですよ。
即効、削除しましたけどね。
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-27 10:31 | 日々

ロボコン

c0072277_22135322.jpg[監督] 古厩智之
[上映時間]118分[製作年度]2003年[製作国・地域]日本

高専に通う里美は何事にもやる気ゼロの落ちこぼれ生徒。授業の課題だったロボット製作も手を抜いたばっかりに1ヵ月の居残り授業が確実に。それを免れる条件として担任の図師は“ロボット部に入って、ロボコンに出場する”という妥協案を出してきた。実は、わずか3人のロボット部は1人がほとんどユウレイ部員と化していたせいで、大会出場規定の3人を満たせずピンチに陥っていたのだった。他の2人もどうしようもない変わり者だったが、居残り授業よりはマシと、渋々仮入部する里美。そして、とりあえず地方大会へと出場するのだったが…。 という内容。。
この学校にはロボット部Aという、部員に数も多いエリートな部もあるんだけど、そこの部長が荒井良々(笑)主要キャストも物語りも「爽やか」(ホント、爽やか)な所におもしろさをプラスしてくれた感じです。
この映画、ホントに爽やかにはじまり爽やかに終わっていきます。(しつこいですか?)なんにも難しい事考えないでいたい時にお勧めかも(微妙な心理描写はあるけど、複雑さはないので)
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-26 22:21 | DVD鑑賞

終了?!

只今、帰宅致しました。
今日の面接・・・・???解りません。こればっかりは。
社長さんと始めての御対面だったのですが、けっこう話しやすい感じの方でした。でも油断してスキを見せるのは危険な感じも(笑)

結果は、いつ解るんでしょうね?
意外と今日の夜にはメールでお知らせとか来てたりして(恐っ!)
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-26 17:15 | 日々

とうとう

明日、ついに2次面接ですよ〜。落ち着かないことこの上なし(笑)
だって今更、駄目とかなったりしたら労働意欲なくしますって!と、まぁ明日の事はヨシとして(なるようにしかならない!)
気晴らしのスキン変えてみましたよ。
注:違うブログになった訳ではありません(笑)
[PR]
by yuzu-neko | 2005-05-25 17:04 | 日々