ハンドメイドと写真と映画の日常日記


by yuzu-neko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:DVD鑑賞( 47 )

いつか読書する日

c0072277_2316338.jpg[監督]緒方明
[上映時間]127分[製作年度]2004年
いつか読書する日公式サイト

田中裕子 演じる大場美奈子は50才、独身。朝は牛乳配達、昼はスーパーで働き、日々を暮らしている。毎夜ひとりのベッドでする読書。頁をめくるかすかな音が、ひっそりとした家にこだまする。静かな生活を送っていた。
同じ町の市役所に勤務する岸部一徳演じる高梨槐多は、毎朝近付いて来る牛乳瓶の澄んだ音に、じっと耳を傾けている。
誰よりも大切な人。
けれど、触れ合うことはおろか、目を合わせることもできずに、美奈子と槐多は、幼い恋を胸に秘めたまま、30年以上の時間を別々に生きて来たのだ。
ある日容子は、夫の昔の恋人が美奈子だったと知る。牛乳を飲まない夫が配達を頼んでいる…。その瞬間、ふいに輪郭をあらわす古い過去。まもなく死んでゆく私が、妻として、最後に夫に出来ること。
やがて容子は、すがるような思いで、ある“願い”を美奈子に託す。私が死んだら、どうか夫と一緒になって欲しい…。

大人のラブストーリー。早朝の牛乳配達でのかすかなビンのぶつかる音や、本のページをめくる音がかすかにする度に静かだなと思わせます。芯が強くて、凛とした主人公・大場美奈子の存在感が際立った映画。愛するものと生きる事、死ぬ事の両目を静かに描いた作品だと思う。大場美奈子のその後の人生は幸せなのだろうか?
それとも、後悔なのか?悲しみなのか?私には想像も付かない。

独身で、判をついたような同じ毎日を繰り返す彼女に「何か楽しい事はないの?」と聴いたとき「牛乳配達をしてる時が一番楽しい。町中の人に牛乳を配達するのが自分の夢」と語った場面が何故だか印象に残った。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-25 00:31 | DVD鑑賞

バーバー吉野

c0072277_1664770.jpg[監督]荻上直子
[上映時間]96分[製作年度]2003年
バーバー吉野

町中の少年が同じ髪形をしている田舎町で起きる騒動と、少年たちのささやかな成長をユーモラスに綴る青春ドラマ。初恋や性の目覚め、大人への反抗心など思春期を迎える少年たちの心情を繊細に描いた。

現在、公開中の「かもめ食堂」の監督さんの1作目の作品。バーバー吉野のおばちゃんにもたいまさこさん。もうはまり役です。淡々とした生活の中に考えさせられる事や、少し大人になっていく少年の様がすごくよくできてるなと思います。
「その町の少年は皆、 同じ髪型をしていた…」というサブタイトルにも惹かれますけど、それはあくまで比喩といいますか、例として挙げてるものだったようにも思います。主なんだけどサブみたいな?!
そんな事よりも、色んな事に疑問を持って、何か事を起こそうとしたり、モテたい!って頑張ったり、怒られても自分はこう思うって意見を貫こうと頑張ったり。
そうやって少しづつだけど、大人になろうとしていく少年達は観ていて、面白くもあり、懐かしくもあり(そんな変な風習のない町ですけど)応援してあげたくもなります。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-24 16:19 | DVD鑑賞

シザーハンズ

c0072277_1122650.jpg[監督]ティム・バートン
[上映時間]98分[製作年度]1990年

エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまうが……。

多分、リアルタイムで観たきり。あまりに昔の事でうる覚えだった事もあって、再レンタルしてしまいました。キム役のウィノナ・ライダーがめちゃくちゃ若い!!
化粧品のセールスで城にやってきたペグの親切心から、街へやってくる事になるのだが、誤解や行き違い、純真な彼を騙す人達の所為で追いつめられてしまいます。最近の映画って、最後に主人公がストーリーを盛り上げるために無駄に死んだりして感動をさせたりする事が多いように感じる(というか人が死ぬのが多い)けど、そういう終わり方でないのがいいなとも思ったりします。
ストーリー自体は凄くシンプルだし。やっぱり名作でした。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-22 11:02 | DVD鑑賞

交渉人 真下正義

c0072277_13504125.jpg[監督]本広克行
[上映時間]128分[製作年度]2005年

これは映画館で観てるので、個人的な感想についてはこちら

家族が未だ観ていなかったので、レンタルしてみました。
個人的には「容疑者〜」の方を観たい(こっちはなんだか劇場に行っていないのです)んですけど、新作扱いですもんね。。。。もうしばらく我慢かな??
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-19 13:54 | DVD鑑賞

プリンス&プリンセス

c0072277_193791.jpg[監督]ミッシェル・オスロ
[上映時間]70分[製作年度]1999年
プリンス&プリンセス公式サイト

独創的な6つの国の王子様とお姫様の寓話が、6編の珠玉のファンタジーとして綴られる。愚かだがどこか憎めない、愛すべき人間達の姿を影絵の手法で描き、その光と影の世界を強烈なコントラストであぶり出す。古代エジプトから中世、そして江戸時代の日本まで、様々な時代をまたいだ物語が楽しめる逸品。

とにかく色がすばらしく奇麗!!!
カラーの鮮やかさとキャストの影絵の黒の対比も素敵だし、幻想的です。
ストーリーはオムニバスの短編集になっているのですが、普通に繋いだだけじゃない素敵な展開です。これは買い!ですね。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-17 19:47 | DVD鑑賞

THE3名様  秋は恋っしょ!

c0072277_19231042.jpg[監督]福田雄一
[上映時間]60分[製作年度]2005年
THE3名様公式サイト

佐藤隆太 →ジャンボ、岡田義徳→まっつん、塚本高史→ミッキー
の3名がメイン。深夜のファミレスでだらだらしてるフリーターのグダグダなやり取り。
何が駄目?!だったんだろう。まず、あの無意味なカメラアングル。
観づらいことこの上なし。しかもそれに意味もない。
それと「間」がヘンなんですよね。「やっぱり猫が好き」みたいなものを期待した自分がバカだったのかも?!もっと面白くいくならクドカンくらいにぶっ飛んで欲しいかも。でも、これ続編出たんだよね?!観てみる?
う〜ん。。。。。。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-17 19:34 | DVD鑑賞

電車男

c0072277_1914090.jpg[監督]村上正典
[上映時間]101分[製作年度]2005年
電車男公式サイト

インターネットから生まれた奇跡の純情初恋物語を映画化。不器用なオタク男の恋を描いた感動のラブストーリー。

個人的には、電車男をドラマ版で観てからの映画だったので、山田孝之くんよりも伊藤敦くんの方がリアリティがあって良かったなぁと思う。脱・ヲタした時も山田君だとかっこ良すぎだなぁと…笑
一方、エルメスは映画版の中谷さんの方が「年上のおねえさん」って感じと上品な感じがして素敵だった。実際のエルメスさんも、中谷さん似とかって聴いたことありますし。ストーリー展開自体は凄くシンプルでした。
ドラマ版の方が笑える要素は大。。。

[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-17 19:22 | DVD鑑賞

MAKOTO

c0072277_18315216.jpg[監督]君塚良一
[上映時間]115分[製作年度]2005年

『踊る大捜査線』の脚本家・君塚良一の初監督作品。原作は『きらきらひかる』で知られる郷田マモラ。想いを残して死んだ者の霊が見えるという特殊な能力を持った、法医学監察医のマコト。死者の想いを読み取り、様々な事件の意外な真相へと迫る。

君塚さんと、キャスト陣が好きで観た映画。
ホラーと呼べるとは思わないけど、見えないものが見える事や、知らない方が幸せだったのに知ってしまった事実。本当はどちらがいいのだろうか?と思わせる作品。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-13 18:41 | DVD鑑賞

8月のクリスマス

c0072277_13163044.jpg[監督]長崎俊一
[上映時間]103分[製作年度]2005年
8月のクリスマス公式サイト

ホ・ジノ監督のデビュー作にして韓国恋愛映画の名作といわれる同名映画をリメイク。
父から引き継いだ写真店を営み、静かな時間を過ごしていた寿俊。周囲には内緒にしていたが、重い病にかかり、彼に残された時間はあとわずかだった。そんな運命を受け止め、独りで消えてゆこうと決心していたが、ある日小学校の臨時採用の教師である由紀子が写真館にやってきて。

劇中の曲を山崎まさよしさんが担当されていて、切ないくて美しい音楽がとてもよかったです。由紀子役の関めぐみさんが…なんか唯一???な感じで。
新人賞とか受賞されてるようですが、よく解りませんでした。
繊細な映画なので、もっと細やかな演技のできる方の方が…とは個人的な意見ですが。
映画はとてもよかったと思います。


もしも、自分が近い将来、死んでしまう事が解っていたとしたら、
愛する人にそれを伝えるか否か。

愛する人に、愛してると伝えるべきか否か。


以前観た舞台(特攻隊の話でした)でもそういったテーマを投げかけたものがあり、考えさせられてしまいまいた。
答えは其の時になってみないと解らないと思いますけど。
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-12 23:59 | DVD鑑賞

ネバーランド

c0072277_1126463.jpg[監督]マーク・フォースター
[上映時間]100分[製作年度]2004年
ネバーランド公式サイト 

ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた、実話に基づく感動の人間ドラマ。

主演を勤めるのは、ジョニーデップ。ピーターパンのモデルになった少年のピーター役には「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア 。「タイタニック」のケイト・ウィンスレットがピーター達の母親役を演じ、劇場のオーナーにダスティン・ホフマン等、キャスト陣は豪華。
この作品は、凄く個人的に好き。ヒューマン系とか、ファンタジー系が好きな人に押すすすめです!!この作品を観てから「ピーターパン」を観なおすのもよいかも…。

あ、そういえば小さい頃に劇場で観たなぁ。「ピーターパン」
[PR]
by yuzu-neko | 2006-05-12 11:42 | DVD鑑賞