カテゴリ:舞台鑑賞( 1 )

舞台「第32進海丸」

舞台はかつお漁のさかんな、高知県のとある港町。
伝説の漁師だった父は他界、主人公サトルは、船に乗りたいと言い出す。定職につかず、遊び続けてきたサトルの突然の申し出に戸惑う周囲の人々…。サトルの希望する漁船には、高校時代自分がいじめていた同級生・イサオがいた。別人のように逞しくなったイサオを前に、惨めさを噛み締めるサトル…。
人間関係の濃密な地方の町を舞台に、自分の居場所を探す若者の成長を描く男の群像劇。

公演はグローブ座。
友人とその友達(初対面)と私の三人で行ってきました。

で、会場へ。
もうロビーから客席から十代から三十代くらい?の女性ばっかり(笑)99%は女性。残りのわずかな男性は明らかに関係者。うきまくってましたよ。友人から聞いたのですが、グローブ座ってジャニーズが買い取った所なんですね。
ますますジャニーズの力の大きさを感じました…ええ。

そんなこんなで開演。
劇の内容は上に乗せた感じのものなのですが、殆ど全員は土佐弁なんですね、で、座長の三宅健(V6)意外はベテラン俳優な訳ですよ。だから、方言であっても全然解るんだけど、三宅さんが…滑舌の悪さと声質と土佐弁で80%以上、何を言ってるのか解らない!!!
主役なのに…座長なのに…。。。。 (ファンの皆様ごめんなさい。でも同行していた三宅ファンも申しておりましたので…苦笑)
[PR]
by yuzu-neko | 2006-06-20 23:59 | 舞台鑑賞